ff5f8aef59e6d8dc23c55e4706bc84d6_s

ヘアカラーされている方がほとんどだと思いますが、今回はカラーによるアレルギーのお話です

美容師さんの定番のお声掛け『しみていないですか?』

『毎回聞かなくても良いよ』と思われがちです。

実際ほとんどのお客様に大丈夫ですと返答いただきます

でも聞くことが定番なのはアレルギー反応が急にあらわれるからなんです

花粉症と同じくヘアカラーも人によっては繰り返し肌に塗布していることで、アレルギー反応が出てきて地肌がかぶれ、ただれる症状が出てヘアカラーが地肌ギリギリから出来なくなる恐れがあります。

花粉症等のお話でも聞いた事があるかと思いますが、体質により同じ成分や食物など取りすぎると拒絶反応を起こして体が受け付けなくなることがヘアカラーにもあるということです。

大抵の方が合わないヘアカラーの成分にジアミンという成分が代表的です。

なら入っていないものを使えばといわれてしまうところなんてすが、明るく色んな色を楽しむには厳しい重要な成分なんです。

今年少し流行りかけてて今秋に導入を考えているカラーに、ジアミンフリーでダメージの原因になる過酸化水素やアルカリ剤を除いてあるものが発売になります。

しかし、明るくなるカラーではなく白髪のみを染めるという黒髪に作用が感じられないものというのが今の現状みたいです。

アレルギーにならないように地肌に付けないというカラーの方法もありで、最近の流行りのハイライト等を入れていく外国人風カラーをされるのも一つの手法なのかもしれませんね。

地肌に違和感を感じだしたら地肌保護のスプレータイプのオイルもおいていますのでご希望のお客様は相談下さい。