サイエンスアクアについてのご質問が多いので書きたいと思います

 

サイエンスアクアはアルカリ水とアミノ酸のみを使用したヘアケアです

 

アルカリ水が髪の毛に悪そうと思われている方が少しいらっしゃいますが、髪のPHは4.5~5.5の弱酸性が落ち着いた状態です。

パーマやカラーをすることでPHを8~最大11のアルカリ性に傾けていくと髪は膨潤してキューティクルが開きやわらかく弾力がなくなります。

サイエンスアクアのアルカリ水のPHは11です

このイメージで傷むとか悪いと思われている方が美容師さん以外だと思います

 

 

サイエンスアクアはこの状態にアミノ酸を吸着させていきます

 

さらにその上からもう一度アルカリ水でアミノ酸をはさむことで効果を最大限に発揮させます。

最終施術には髪を弱酸性に戻すため、髪質に合わせた薬剤(強酸PH1を水PH7で10倍~20倍に希釈したもの)で無理なくゆっくり落ち着かせていただいています。

アルカリ水を使用した場合の施術はデリケートな状態ですので、ドライヤーやコーミング全てに細心の注意を心がけて施術していますのでご安心してお任せください。