サイエンスアクアについてのご質問が多いので書きたいと思います

 

サイエンスアクアは強アルカリ水とアミノ酸のみを使用したヘアケアです

 

強アルカリ水が髪の毛に悪そうと思われている方が少しいらっしゃいますが、髪はもともとPH4.5~5.5の弱アルカリ性が落ち着いた状態です。

パーマやカラーをすることでPHをアルカリ性に傾けて作用させていきます。

このイメージで傷むとか悪いと思われている方が美容師さん以外だと思います

言いかければこれだけで傷むと思っているようなら薬学を勉強しなおさないといけないレベルです!

 

普段使用している水道水もアルカリ性ですし、大半のシャンプーもアルカリ性なわけです

 

サイエンスアクアのアルカリ性はPH11です

ここまで高い数値になるとキューティクルは開きカラー剤なら過酸化水素と反応させ、酸素を起こし明るくなります。

しかしサイエンスアクアはこの状態にアミノ酸を吸着させるのです!

さらにその上からもう一度アルカリ水でアミノ酸をはさむことで効果を最大限に発揮させます。

もちろんこの後には髪を酸性に戻すため、髪質に合わせた薬剤(水で10倍~20倍に希釈したもの)でゆっくり落ち着かせていただいています

 

難しい話にはなりますが、最近では強アルカリ水を化粧水で使用するとむくみが取れてリフトアップする商品も売れています

美髪になりたいなら全国300店しか取り扱いのない水素ミネコラも施術出来るリエントへご相談下さい。